空き家を持っている方の中には、売却を考えている方もいるでしょう。
空き家を売却する場合、そのままの状態である売る場合と、解体して売る方法があります。
ここでは、そのままの状態で売るメリット、デメリットを紹介します。

・ 空き家をそのままの状態で売却するメリット

空き家を持っている方は、その売り方に迷ったことはありませんか?
外観や内装に問題なければ、そのままの状態で売却した方が良いケースも少なくありません。
空き家をそのままの状態で売るとリフォームなどする必要がありませんので、時間や手間を省けます。
中古住宅を売る場合、建物にかかるリフォーム費用などは、そのすべてを買主が負担することになります。
買取の査定では実費も考慮することから売却価格そのものは安くなりますが、その分、時間や手間を軽減できます。
この方法は売却価格が安くなってもいいので、手間と時間を省きたい方におすすめの方法だと言えます。

・空き家をそのままの状態で売却するデメリット

次にデメリットの紹介です。
空き家をそのままの状態で売却するデメリットとしては、精神面の問題を挙げることができます。
実家には人それぞれ様々な思い出があることでしょう。
そのため実際に売却する人の中には、なかなか踏み切れない人もいるようです。
これまで家族と一緒に過ごしてきた大切な住宅をこうも簡単に売ってもいいのか、と言う罪悪感を覚えてしまうのです。
また住宅には様々な私物も多いので、そられ私物の整理をしている時に精神面の負担を感じてしまうこともあるようです。

・メリット、デメリットの把握

空き家の売却方法として、そのままの状態で売る方法もあります。
空き家をそのままの状態で売却する場合、メリット、デメリットの理解も大切です。
売却する前に見ておくといいでしょう。

関連する記事