不要になった空き家を売却することで、収益を得られるなどのメリットがあります。
この場合、不動産会社や空き家買取業者に依頼する人が多いですが、いくつか注意する点があります。

・権利関係に注意してください

空き家を買取業者などに売却する場合、不動産の権利関係に注意する必要があります。
不動産には様々な権利関係がありますので、事前にしっかり確認しておいてください。
例えば対象となる空き家が相続人の共有になっている場合、その空き家を売却するには全ての共有名義人の同意が必要になります。
さらに不動産登記簿で、名義がきちんと変更されているか事前確認する必要もあります。
共有名義の場合、名義が先代から変わっていない事例がたくさんありますので、その点についてもしっかりチェックしておいてください。
空き家を相続した人は、将来の売却も見据えて相続登記を行うことが大切です。
将来の売却が絡んでいる時の共有名義の判断は、得策ではないと言えます。

・境界に注意してください

空き家を売却する時は境界にも気をつけてください。
権利関係にも色々ありますが、その中でも境界はとても大切な事項と言えます。
特に都市部の場合、土地の境界があいまいなケースは多いのでしっかり確認しておく必要があります。
境界があいまいなままであると土地の面積の確定もできませんので、不動産会社や買取業者への売却も難しくなります。
不動産を売る前に、法務局などで境界確認をきちんと行いましょう。

・権利関係や境界確認を忘れないでください

空き家を売却する時は色々と注意する点がありますが、その中でも権利関係や境界が重要です。
権利関係や境界があいまいなままであると、空き家の売却も困難になります。
そのためまずは、対象となる不動産の権利関係や境界確認からはじめるといいでしょう。

関連する記事