空き家の有効活用方法として売却があり、売ることで収益を得ることができます。
そしてこの場合の売却方法として、住宅を解体して売る方法もあります。
ここでは、解体して売る場合のメリット、デメリットを紹介します。

・空き家を解体して売るメリットについて

空き家そのものを解体して売却するメリットとしては、価格の面が挙げられます。
売却方法としてはそのままの状態で得る「古家付土地」の手法もありますが、古家付土地よりも高く売れる可能性があります。
もちろん空き家買取業者によっても変わりますが、一般的には高い査定が付くことが多いです。
住宅を解体して更地にすることで、買取業者の建物を解体する時間や費用、リスクなどの負担がなくなります。
そのため古家付土地よりも高く、また早く売れる可能性が高まります。
しかしこの場合注意する点があり、それは売る時期です。
建物を解体した状態のまま1月1日を迎えると、固定資産税や都市計画税が適用されます。
そのため、住宅用地の特例がなくなりますので注意してください。

・空き家を解体して売るデメリットについて

次にデメリットです。
空き家を解体して売るメリットとしては、解体業者の見極めが必要な点です。
解体工事は業者によってサービス内容が異なりますので、事前にしっかりリサーチしておいてください。
この時のポイントは見積書です。
見積書は建物本体だけではなく、その他のもの、庭石、庭木、ブロックといった外構部分も含まれているかしっかり確認してくだい。
この中でよく見落としてしまうのが、地中に埋まった古い浄化槽などです。
追加工事になるとさらに費用が必要になりますので注意しておいてください。

・しっかり確認してください

空き家売却方法として、住宅を解体して売る手段もあります。
この場合もそのままの状態での売却同様、メリット、デメリットがありますので注意する必要があります。
業者からもらった見積書に間違いがないか、しっかり確認しておきましょう。

関連する記事