空き家を売却する場合、その手順を押さえておくとスムーズに進みます。
住宅には様々な権利が生じている場合も多いので、それぞれに合った方法で行いましょう。
ここでは、空き家を売却する手順を紹介します。

・空き家を売却する際の手順について

空き家の状態にもよりますが、不動産の売買には時間と手間がかかることを理解しておく必要があります。
この時間と手間を軽減するには、効率的に手続きを行うことが大切です。
所有している空き家を売却する際は、一般的には次の手順で行います。
まず、不動産会社や空き家買取業者に住宅の査定を依頼します。
様々な会社がありますが、ここでのポンイトは複数業者に依頼することです。
不動産会社や買取業者の査定が終わると、その中から最も条件の良い業者と媒介契約を行います。
その後、不動産会社と最終的な売却価格を決定し、販売を開始します。
購入者が現れたら購入希望者と交渉して、契約・引渡しになります。
実際に売りに出してから3カ月程度経過しても売却できない時は、再度不動産会社と相談して今後の対策を講じます。

・相続物件を売却する場合

被相続人から相続した空き家を売却する場合、通常の不動産と比べて手順が複雑になります。
この場合、不動産会社への査定依頼前に、まずは遺産分割協議を行って登記上の名義変更を行う必要があります。
その後の売却手順は次の通りです。
まずは不動産会社や買取業者に査定を依頼し、その中から不動産会社と媒介契約を行います。
そして売買契約と引渡しをした後に、確定申告を行います。
相続物件が売れない場合も十分に考えられますので、協議や名義変更などは早めに行いましょう。

・早めの準備を

空き家を不動産会社や買取業者に売却する場合、一通りの手順を押さえておくとその後の手続きはスムーズに進みます。
また、相続物件は手続きが複雑ですので、早めに準備しておくといいでしょう。

関連する記事